ほうれい線にはやっぱり、正しいスキンケアがカギ!

スキンケアで、ほうれい線をなくそう

スキンケアの基本は洗顔です。まずは丁寧なクレンジングで汚れを落としましょう。

お化粧を落とすクレンジングはたっぷり使うことが大切です。
節約も大切ですが、クレンジング剤の量が少ないと、化粧落ちが悪いだけ
でなく、肌がこすれ、肌に負担がかかります。

洗顔料は十分に泡立て、細かな泡を作ります。泡で汚れを浮かせるように
しましょう。泡で汚れを落とした肌と、こすって落とした肌とでは、
水分の含有量に大きな違いがあるそうです。

泡立てネットで弾力のある泡をたっぷり作り、まずは汚れの多いTゾーンを、
その後で頬や目の回りといった部分を優しく洗ってください。

洗顔前に蒸しタオルで毛穴を開かせると、洗顔効果とその後のスキンケアの
効果が高くなります。蒸しタオルは電子レンジで簡単にできます。水で濡らして
軽く絞ったタオルをラップで包み、30秒から1分ほど、チンしてください。

温度は熱すぎないように気をつけて、気持ちがいいと感じられる
温度にしましょう。30秒ほど顔に当てるだけで毛穴が開いてきます。

洗顔後は、化粧水で水分を補給しましょう。
油分を与えると水分が補給しにくくなりますので、はじめに化粧水を使います。

次は美容液です。化粧水が乾く前に、すぐに使います。
美容液は栄養補給です。気になる口元にはしっかりと使いましょう。

次に、乳液やクリームを使い、水分と栄養分を逃がさないようにします。
乳液やクリームに含まれる油分が水分を逃がさない、ふたの役割をします。

肌質や気候、使っている化粧品に含まれる油分によって、乳液とクリームの
両方を使う場合もあるでしょうし、どちらかだけでも良いでしょう。

ヒアルロン酸とコラーゲンは、皮膚の内部である真皮を作る大切な成分です。
ヒアルロン酸とコラーゲンを多く含む肌には、はり張りやうるおい、
そして弾力があります。

ほうれい線の原因となる肌のたるみを解消するためには、
これらが含まれている美容液やクリームを選ぶことが大切です。