保湿は何よりも大事

乾燥が引き起こす肌トラブル

現在、様々な肌質の中でも乾燥肌で悩んでおられる方が最も多いと言われています。
皮脂が多く脂っぽい肌の方であっても乾燥肌である事が多いのです。 スキンケアで最も重要とされているのは保湿ケアであるように、乾燥はあらゆる肌トラブルの原因となってしまいます。


お肌の乾燥に一番必要とされるのは水分です。
お化粧前に化粧水をたっぷり含ませたコットンでパックをしてあげるとお肌も潤い、パサパサ感もなくなるのでお化粧がしやすくなります。 もちろん就寝前もそうですが、まずはしっかり化粧水をお肌に吸収させ、その後乳液やクリームで水分の蒸発を防いであげましょう。


しかしながら、年齢を重ねるごとに水分を保つ力は衰えてきてしまうため、お肌の潤いは失われていく一方です。 また、その水分を保護してくれる皮脂も加齢によって減少していきます。 必要とされる皮脂が足りないと、水分が蒸発してお肌がカサカサになってしまうので、乾燥が気になる部分には皮脂の元となる油分を補給してあげなければなりません。


しかしこれは、お肌に化粧水が十分吸収されている事が前提です。
水分が不足している状態で、油分である乳液を塗っても保湿効果はほとんどありません。


従って、油が主成分であるクレンジングを行う際も注意が必要です。
クレンジング料が付着したままのお肌は化粧水を弾いて吸収しないので、しっかり洗い流すようにしましょう。


また、空気が乾燥しているとお肌もカサカサになっています。
冬場は特に気を付けなければいけませんが、夏場もクーラーが原因で乾燥してしまうので注意が必要です。 濡らしたタオルをかけておくだけでも効果はあるので、是非試してみて下さい。

乾燥肌には、油分よりも水分である化粧水を吸収させることが何よりも大切だということを忘れないでおきましょう。