ハリ・弾力のある肌を取り戻すために必要なことは?

シワを防ぐための紫外線対策

くっきりと深いシワ。どんなに上手にメイクをしても隠せません。 だけど、どうにかして無くしたいものですね。


くっきりと深いシワは、紫外線が原因でできた場合が多いのです。 太陽の光は私たちに様々な恵みを与えてくれますが、紫外線の浴び過ぎは私たちの体に様々な悪影響を及ぼします。 その悪影響を一番受けるのが肌です。紫外線は肌を老化させる最も大きな原因なのです。


日焼けをすると、肌は赤くなって、やがて黒くなり、焼き過ぎるとシミになるということは広く知られていますが、 シワの原因にもなるということは意外と知られていないようです。ニキビ跡ができてしまった後になってニキビ化粧水を使っても簡単に効果が現れないように、後から対策しても遅い場合があります。


紫外線は、肌の表面を焼くだけではなく、真皮層にまで届いて、コラーゲンやエラスチンを破壊する酵素の発生を促し、 コラーゲンやエラスチンを変性させていまいます。 そのため、肌は弾力やハリを失いたるんでしまうのでシワができてしまうのです。


紫外線のコラーゲンやエラスチンを変性させる力はとても強く、紫外線をわずかな時間浴びただけでも起こります。 肌のことなど気にせずに紫外線に当たっても子供にシワができないのは、破壊されても次々に新しいコラーゲンや エラスチンが再生されるからです。


しかし、年齢と共にコラーゲンやエラスチンを再生する能力は衰えます。 気が付いた時はくっきりとシワが・・・。ということになってしまうわけです。


ですから、シワができないようにするには、しっかりと紫外線対策をする必要があります。 紫外線対策には日焼け止めクリームを使用しますが、わずかな時間でもコラーゲンやエラスチンは 変性してしまうのですから、「ちょっとだけだから」は厳禁です。


紫外線は曇っていても雨が降っていても私たちの肌に届いています。油断は禁物なのです。 シワで困りたくなかったら、面倒でもしっかりと日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。 あとで、高額なしわとりの化粧品を使うくらいなら、初めからしわを防いだ方が経済的ですからね。